禁煙してみる?

タバコの影響

タバコは健康を害すると言われていますが、
その理由はニコチン中毒になることと、肺にダメージが来ること、
血管が細くなってしまうことなど他にもあります。

歯との関係では、血管とニコチンによる色素沈着があります。
血管が細くなり歯茎に栄養が行かなくなると、歯周病で歯茎が弱るスピードも加速します。

ただでさえ歯茎が弱った状態で放置しておくと歯は抜け落ちるのですが、それを加速させるのが煙草です。
また、インプラントでも血流の不足によって埋め込むチタンと骨がくっつくスピードも遅くなると言われています。

もしインプラント治療をする場合は、その期間だけでも禁煙してみてはいかがでしょう。
もしそれに成功すれば永遠にタバコとサヨナラできるかもしれません。

節約にも

節約するには色々な方法があります。交通費を減らすために歩いてみたり、買い食いをやめる、あとは喫煙される方ですと、
減煙、禁煙されたり、お酒を飲むかたですと安い酒に変えて薄めて飲むなど方法も本当にさまざまですね。

昔はたばこ1箱あたり300円から400円程度でしたが現在は500円ほどするものもあり、
9月からはまた新たに値上げが検討されているようです。
1日1箱消費する場合、実に1か月で15000円、1年では18万円にも上ることになります。
これが禁煙できたとすれば、かなりの節約になりますね・・・。

他にも・・・

副流煙もたびたび取り上げられる問題です。
家庭を持つ友人から、奥さんの妊娠・出産を機になんとしても辞めたい、というはなしを聞いたこともあります。

他にも「におい」の問題もありますね。
たばこの煙で、服や髪、部屋ににおいが染みついてしまいます。
これらはタバコを吸わない人にとっては敏感に感じられるものです。

たばこは嗜好品ですので、吸うも吸わぬもそれは自由です。
しかし喫煙が習慣化している人やヘビースモーカーの人などはなかなかきっぱりと辞めることは難しいかもしれません。
いつも三日坊主で終わってしまう、誘惑に勝てない…
でも健康と節約のために何とかやめたい!と思っている人は多いのではないでしょうか。

ニコチン依存症 かも?

自分の意志でどうしてもやめられない喫煙習慣になっている場合、ニコチン依存症であることも考えられます。
その場合、禁煙外来を設けている医院にて治療が可能です。
気になる方は、ネットでニコチン依存症チェックも出来るようですので検索してみてください。

禁煙外来のあるお医者さんのHPをご紹介!

要メンテナンス!?

身体の歪みが原因

整体の先生のお話を聞いてびっくりしたのですが、人間は不通に生活をしていると身体が歪んでくるそうです。例えば料理をしているとき右手は包丁を使ってたくさん動かしますが左手は添えているだけですのであまりつかいません。こういった身体の使い方で少しずつバランスが悪くなっていくそうです。確かに肩こりは片方だけしかしません。それではどの様にしてこれを直すのか?先生がおっしゃるには肩こりには背泳ぎの動きが良いそうです。てをぐるぐる背泳ぎの様に回すといいそうですよ。

腰痛の原因を知る

ひどい腰痛の場合、腰から下に痺れがくるようです。その場合、椎間板ヘルニアに罹患している可能性が高く、職種によってはますます悪化させる原因となります。重い荷物の上げ下ろし作業の仕事なら、腰痛を感じたときに労災指定病院で診察を受けておきましょう。万が一動けなくなった場合、労災が認められる可能性があるからです。動けなくなって労災指定病院へ行っても、ほとんどの場合労災が認められていないようです。

ツボマッサージ

簡単な健康づくりとしておすすめできるものに「ツボマッサージ」があります。お家でテレビを見ながら、お風呂でくつろぎながら簡単にできますので、ぜひ毎日の習慣に取り入れることをおすすめします。素人でも簡単にできるツボマッサージとしては足ツボの刺激が比較的簡単です。足の裏にはなんと70ものツボが集まっているそうで、これらのツボを刺激するだけで身体全体を強化したり悪いところを改善できるといわれています。

硬くなった筋肉

肩や腰が痛くなったときに揉みますよね?ひどいときは叩くかもしれません。しかし、それは硬くなった表面の筋肉を撫でているのと同じなのです。筋肉は引っ張ったりして柔らかくしないと意味が無いのです。腰や肩の筋肉がこってしまったらゆっくりとストレッチをして治していくのが一番効果があるのです。

ストレッチは基本

ユックリとした動きをするスポーツでもストレッチは基本となっており、体を動かす前には必ず行うべきです。
それをすることによって事故を防ぐことができますし、怪我を防止することだってできるのです。
体をほぐすことによって柔軟に動くようになるため、想定内の動きに対処できるのです。

ストレッチをしていてもけがをすることもあります。
その時に考えられることはフォームの乱れです。

フォームの乱れによって関節が痛くなることもありますが、スポーツをされている子供にもそれがよく見られるそうです。
少しの休養期間を起き正しいフォームに改善することで簡単に治ってしまうと言われています。

体の痛みが続くとストレスですよね…